思い出レポート

クマさんがいっぱい!輝く名古屋駅 タワーズライツ 2006.11

投稿日:

当時のレポート

1999(H11)年12月23日と、クリスマス直前に開業した名古屋駅の駅ビル「JRセントラルタワーズ」では、その翌年から年末になると「タワーズライツ」というイルミネーションが展開されています。

すっかり恒例になりましたが、今年(2006年)は綺麗なだけでなくカワイイ要素がたくさん。幻想的なイルミネーションのまわりには、くまさんたちがいて思わず心が和みます。

タワーズテラスにある5本の大きなクリスマスツリー。最も大きいのは高さ20メートルあります。

かわいらしいクマさんたちが、あいさつしながらお出迎えしてくれます。

さっきのツリーのふもとには、それぞれ様々な表情のクマさんたちがいます。


そしてツリーに輝く光る玉を、収穫してプレゼントボックスに収納するクマさんたち。


ただただそんなツリーに見とれるクマさんたちもかわいいですね。

今年(2016年)のタワーズライツ、期間は来年1月8日まで。毎日午後5時から11時まで点灯されています。(12/2のみ壁面映写が午後9時半終了です)

あとがき(2020.12)

ビルの壁面に映像が照射されるのがタワーズライツの見どころでしたが、2010年には壁面装飾がなくなり、タワーズライツは休止すると発表。「ライツプロムナード」としてテラスのイルミネーションだけとなりました。「タワーズライツは2017年以降に再開予定」と発表されていましたが、翌2011年には東日本大震災をうけて自粛ムードとなり、ライツプロムナードも開かれなくなりました。

それから6年。再開予定だった2017年にタワーズライツは復活しませんでしたが、その2017年からクリスマスイルミネーション自体は実施されています。かつての規模ではなくなった一方で、街路樹のイルミネーションが「光るブロッコリー」と、毎年話題に上るようになりましたね。

光るブロッコリー、タワーズライツの頃は青かったからそう言われなかったんですね。

関連情報

-思い出レポート

Copyright© あのころ名古屋+東海 , 2021 All Rights Reserved.